伊豆と駿河国境に架けた灌漑用水樋。三島の楽寿園に湧く小浜池の水を玉川、伏見、八幡、長沢、柿田(後に新宿を加わる)の5ヶ村の灌漑用水として利用するため、伊豆と駿河国境の谷に架けた樋です。この樋が初めて架けられたのはいつの時代か諸説ありますが、応仁(1467-69)のころ既に架設されていたようです。当時樋は木製で長さ39間、幅1間、深さ15寸、高さ1丈5尺ありました。この樋の維持管理費は、それぞれの村が決められた長さの分負担しあいました。

 

千貫樋の名前の由来は...
1.架樋の技術が素晴らしく、銭千貫に値する。
2.この用水が高千貫の田を潤している。
3.架樋費用が銭千貫かかった。
と3説りますが、いずれも樋を賞賛して名付けたものと思われます。現在の樋はそれまでの木製の樋が関東大震災により崩壊したため、大正3年、鉄筋コンクリート製のものに作り替えたものです。


●住 所静岡県駿東郡清水町新宿
●交 通/JR三島駅南口から沼津箱根登山東海、伊豆箱根バスで(旧道経由沼津行き) 千貫樋」から徒歩で1分